menu

不倫をやめさせる方法

夫の不倫予防に「誓約書」が有効?その理由と作成方法

夫の不倫予防に誓約書が有効なその理由と作成方法

夫の不倫が発覚した途端に「即刻、離婚よ~!」などと、新しい道を選択する女性もいます。

不倫を知っても夫に愛情が残っていたり、子供の為に我慢する、離婚した後の生活が不安…といった理由から離婚だけは避けたいと考える女性もいます。

離婚を避ける為に夫の不倫を見て見ぬフリして我慢する方法もありますが、不倫が本気の愛に変わって離婚を言い渡される可能性もないとは言えません。

一度不倫をした男性は幾度となく不倫や浮気を繰り返す傾向があるのです。

幸せな結婚生活を続けたいなら、夫に完璧に不倫をやめてもらうしかありません。

夫に不倫をやめさせて二度と同じ過ちをさせない為の方法を2つ紹介しましょう。

不倫防止の誓約書を作成

不倫をやめさせ、今後一切不倫相手の女性と会わないようにさせる為には「誓約書を作成する」という方法があります。

誓約書とは、再び不倫をした場合の約束事を取り決めた内容が記載されているものです。

この誓約書は不倫相手が今後一切夫に近づかない、夫が二度と不倫をしないようにするための抑制力となるでしょう。

誓約書の文中には「不倫相手と夫が不倫をやめる」という内容とともに、「今後一切の面会を行わない」、「不倫関係を持たない」という誓約文を記載します。

約束を破った場合には、違約金として被害者である妻に対し50万円~100万円程度の金額を支払う事に合意させる事も可能です。

違約金の設定額は個々の不倫状況によって異なりますが、二度と不倫を繰り返してほしくないと思うなら、相手方の生活状況がこの違約金によって破綻するくらいの高額に設定するという方法もあります。

注意してほしいのは、この誓約書で抑制できるのは夫と現在の不倫相手、そして妻との約束事だという点で、夫が別の女性と不倫をした場合には無効となります。

何度も不倫や浮気を繰り返すダメな夫に対しては、また別の示談書を作成する必要があるでしょう。

不倫の誓約書作成の注意点

何度も何度も不倫や浮気を繰り返す夫に対する誓約書の作成にはいくつかの注意点があります。

あるカップルが「もしも今後不倫を再びした場合には、死んでお詫びをします」といった誓約を作成したという話があります。

この誓約書に夫婦双方が納得してサインしたとしても、これでは無効になる事が予想されます。

なぜなら、公序良俗に反するからです。

公序良俗に反するとは、一般的に社会的妥当性のないもの、あるいは社会的相当性のないものを指し、誓約を破った場合でも「死んでわびる」という行為をしなくとも無効となると判断されます。

夫に「今後一切の不倫や浮気をしない」という誓約書を書かせる場合には、夫の性格や気質を考慮して「誓約を破ったら○○する」というような約束をさせる必要があるでしょう。

ちなみに芸能界で不倫の制裁として有名なのは、ある女優が夫と約束した「パイプカット」ですが、そこまでするのは行き過ぎですので注意してください。

誓約書は夫に不倫をやめさせ、二度と不倫を繰り返させないためにも作成しておくべき書面です。

女性の中には「誓約書を作ってまで夫を痛めつけたくない」と思う人もいるかもしれませんが、夫が本気で妻に謝罪し二度と辛い思いはさせたくないと思っているなら、この程度の誓約書を作るぐらいは当然という考え方もあります。

誓約書は夫の本心を確かめ、この後の夫婦生活が円満に進むためにも必要なものといえるかもしれません。

夫の気持ちが離れているとお悩みの方

  • 夫が不倫をしているかしていないかは関係ない!
  • とにかく、夫の気持ちをわたしに向けさせたい!
  • 夫が戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
夫の心を取り戻して不倫をやめさせる方法

夫が浮気をしているのかでお悩みの方

  • 夫の浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • 夫は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 夫が浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、夫の浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の相談が無料でできる


関連記事