menu

不倫をやめさせる方法

妻の不貞行為を立証する証拠集め3ポイント

妻の不貞行為を立証する証拠集め3ポイント

妻の不倫対策として有効なのが、不倫の事実をはっきり妻に認めさせて反省してもらう事です。

不倫が事実である事が確定したら、相手の男性には慰謝料を請求しましょう。

遊びのつもりで妻と不倫した男性は、慰謝料の請求を受ける事によって後悔し、二度と妻に手は出さないはずです。

この二つを実行するには、不貞行為を立証するための証拠が必要です。

次に、妻の不倫を法的に解決する為に必要な「証拠の集め方のポイント」を紹介します。

証拠集めをする際の注意点は、妻に絶対に気づかれないようにする事です。

不貞行為の事実をつかむ前に妻にバレてしまうと、証拠隠滅の恐れもあるので充分に注意して行動してください。

ポイント1「携帯電話・スマホ・PC」

妻の不倫の証拠は、ほぼ携帯電話やスマホまたはPCの中にあります。

既婚女性の不倫の場合、自宅の固定電話では不倫相手と連絡を取る事はできない為、メールやSNSなどのライフラインを利用してデートや密会の約束をしているケースが最も多く見られます。

といっても、携帯電話やスマホ、PCなどのメール・送受信履歴は夫婦であっても勝手に見るのは非常に難しいものです。

そこでお勧めしたいのが、携帯電話会社に通信記録を請求するという方法です。

一般的な家庭では、家族の携帯やスマホは夫名義で契約している事が多いのではないでしょうか。

名義が夫本人であれば、過去の通話記録を電話会社に請求するのは、さほど難しい事ではありません。

簡単な手続きのみで記録を受け取る事ができますで、妻の携帯やスマホの記録中のよく出てくる電話番号とのやり取りを確認し、証拠として残しておくようにしましょう。

PCを家族共有で使用している場合は、心当たりのあるパスワードを入力して妻のメールの送受信やSNSの内容を把握しましょう。

携帯電話やパソコンのメール、SNSなどの記録は、不倫の証拠として認められないケースもあります。

しかし、別の証拠との兼ね合い次第では不貞行為を立証する事もできますので、しっかりと保管しておくようにしてください。

ポイント2「録音テープの文書化」

世間では妻の不倫を立証する為に自宅内に盗聴器をしかけるという夫もいるそうです。

盗聴器の使用は効果が期待できますが、実はこれは違法な行為なので控えるようにしましょう。

かりに盗聴で不倫の証拠をつかんだとしても、違法とみなされれば証拠として認められない可能性があるので注意が必要です。

盗聴以外の方法で録音したテープを証拠として使う為には、その内容を文字に起こす必要があります。

例えば、夫婦ケンカで妻が不倫をしている事を匂わせる内容の発言をしたとしたら、それを文字に起こしておくと証拠として使用できます。

夫婦ケンカでなくても、不倫に関する話合いの最中に妻が不倫を認めるような発言をした場合、録音しておいて文字として残しておいても構いません。

文字にして文書にする事で、後に不倫を裏付ける証拠として利用できます。

ポイント3「画像、動画データ」

不倫を立証する際に最も効果を持つのが、画像や動画のデータの証拠です。

妻が不倫相手とラブホテルに入る場面、不倫相手とキスをしている場面といった写真や動画など、目で見てはっきりと不倫と判断できるデータがあれば裁判になったとしても証拠として使用できます。

こうした証拠があれば、夫側に有利に話を進める事ができるので押さえておくようにしてください。

写真や動画データは日付、時間、場所、状況などの記録を取り、後で見返してもはっきりと説明できる状態にしておきましょう。

どうして妻は不倫したのか?でお悩みの方

  • 気軽に相談できる相手がほしい!
  • 自分の運命と運勢は浮気に関係ある?
  • 生年月日や血液型で浮気対処法は違うのか?
このような、お悩みを持っているのならこちらの方法がおすすめです。
不倫に関する悩みを相談して占ってみる

妻の浮気でお悩みの方

  • 妻の浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • 妻は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、妻の浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の相談が無料でできる


関連記事